東海3県と富山県で買取専門店事業を展開しているモノ・ループ株式会社(以下、モノ・ループ社)。現在、Google ビジネスプロフィール(旧称:Google マイビジネス)を一括管理できる『ライクル GMB』をご導入いただいています。

モノ・ループ社では、『ライクル GMB』導入後の検索数・反応数が大幅に増加しており、前年比で検索数が345%、反応数が286%となっています。導入前に行なっていた集客施策とお持ちだった課題、導入後に体感した変化について伺いました。

お話を伺ったのは、モノ・ループ株式会社 経営企画室 室長の大橋優樹様です。

Summary

 ご利用企業名   モノ・ループ株式会社
 ご利用期間    2021年10月~現在
 導入前課題    煩雑な管理業務を簡潔にしたい/クチコミへの対応方法がわからない
 決め手      一括で管理できる機能/価格
 効果・成果     合計検索数 導入前後比415%※1、昨対比345%※2
          合計反応数 導入前後比354%※1、昨対比286%※2
          Googleビジネスプロフィールの情報更新漏れ・作業工数削減
          店舗スタッフの当事者意識の向上

※1 全店平均より算出 2021年9月と2022年5月の対比
※2 全店平均より算出 2021年5月と2022年5月の対比

大橋様 
 モノ・ループ株式会社
 経営企画室 室長

 大橋 優樹 氏

 Webマーケティング部門を担当


▶▶▶モノ・ループ株式会社について

東海3県と富山県で買取専門店事業を展開。Webマーケティングに取り組み20代〜40代の若い顧客層にアプローチ

御社の事業内容をお教えください。

大橋氏:愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と富山県で買取専門店事業を行なっています。現在37店舗を展開しており、店舗での買取・販売、出張買取を行なっています。

買取専門店事業は参入障壁が低い業界であるため競合が多いのですが、弊社は地域に特化した強みを活かして、地域に根付いた事業展開をしているのが特徴です。現在は、Webやチラシ等で集客したり、東海3県と富山県でCMを流したりして認知拡大を図っています。また、現在店舗を展開している東海地方や北陸地方にて、さらなる店舗拡大を実施していく予定です。

御社内のWebマーケティングにおける体制をお教えください。

大橋氏: Webマーケティングとテレビ部門は近年取り組み始めた部門であり、外部のパートナー企業と協力しながら実務と管理の両方を行なっています。弊社の顧客層は50歳以上の方が多く、Webマーケティングよりも直接手元に届く新聞やチラシ折り込みの方が、現状は反響がありますが、若い層にもアプローチしてくためWebマーケティングに力を入れています

昨今の、店舗集客状況の変化やユーザーについてお教えください。

大橋氏:来店数は増えていますが、まん延防止等重点措置が解除されたことによる影響ではなく、現在金が高騰していることにより買取が増え、集客が伸びていると考えています

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大当初の緊急事態宣言の影響は大きかったです。弊社はインショップ型の店舗のため、商業施設の集客状況に大きく影響を受けました。

また、お客様の年齢層は50代以上の方が最も多いのですが、近年は20代~40代のブランド物を持ち込む方が増えてきました。これはWebマーケティングに取り組んだ効果だと考えています。


▲モノ・ループ公式サイトより。地域へのCM放送も積極的に実施されている。

▶▶▶導入背景

店舗拡大を目指す上で、MEO対策よりも管理面での課題解決に特化したツールを選択

『ライクル GMB』導入以前から取り組んでいた集客施策をお教えください。

大橋氏:集客施策としては、弊社のお客様層には新聞広告とチラシ折り込みが効果的だと考え、注力していました。Webマーケティング部門としてはリスティング広告のほか、2~3年後の成果を見据えてWeb記事を制作しながらSEO対策を実施していました。

SNSなどもある中、Googleビジネスプロフィールをマーケティング施策として選んだ理由をお教えください。

大橋氏:弊社のような業種では、検索が非常に重要なチャネルだと考えていたため、リスティング広告、SEOに次いでMEO対策を検討しました。

2021年10月に『ライクル GMB』を導入いただきました。導入前にお持ちだった課題をお教えください。

大橋氏:Googleビジネスプロフィールは、各店舗でオーナー認証まではしていましたが、コメントへの返答が店舗によって漏れていること等、運用まで管理が出来ていない状況で、店舗数が増えるにつれて煩雑になる情報管理が課題でした。また、新型コロナウイルスの感染拡大防止対応で営業時間が変わった際に、自社で管理している台帳上の情報を変えても、Googleビジネスプロフィールの情報更新が出来ていなかったということもありました。このような対応漏れが約1割の店舗で起こっていたので、Googleマップを見て来店されるお客様の機会損失になっていたかもしれません。

また、ネットを見て来店される方がどの程度いらっしゃるかが把握できておらず、Google ビジネスプロフィールの管理画面の情報から状況を把握する必要性も感じていました

『ライクル GMB』をご導入された決め手があればお教えください。

大橋氏:当初はMEO対策ツールの導入を検討していたのですが、MEO関連のコンサルサービスからの提案では1店舗あたり3~4万円かかる費用感でした。「全国で店舗展開をしていく」という弊社の将来を見据えると、1店舗当たりの費用感は重要です。そこで多店舗での運用コストや管理コストを考慮して、MEOで上位にいくことよりも、本部で管理ができ、自社の方針を汲み取って対応できるツールが良いと考え、複数社と比較して機能面でも費用面でも納得し、『ライクル GMB』の導入を決めました。


▶▶▶活用方法・成果

検索数・反応数ともに大幅伸長し、150件の電話があった月も。クチコミを日常的に確認するようになり見られている意識が向上

『ライクル GMB』をご利用いただいたご感想をお教えください。

大橋氏:まず、情報更新作業がとても楽になりました店舗情報が一枚にまとまっていて閲覧・更新できるのも良いと思っています。現場の担当者からも情報管理ミスがなくなったと聞いていますし、お客様に実態に合わせた情報を提供できていると思っています。

現在は店舗情報の更新と一覧化を進めている状況ですが、レポートを外部のパートナーと共有し、2週に1回レポートの共有会を開いて現状の把握などもしています。

ご導入いただいての成果についてお教えください。

大橋氏:『ライクル GMB』の導入後、昨年対比で合計検索数が347%、合計反応数は305%(21年5月-22年5月の比較)に伸びて驚いています実際にコールセンターへかかってくるコール数も増えており、150件近くのお電話があった月もあります。弊社の電話対応はコールセンターで一括管理しているのですが、「店舗はどこにありますか?」「こんなもの買取できますか?」というお問い合わせの電話が増えている状況です。Webサイトのアクセス数も伸び続けており、『ライクル GMB』導入の成果を実感しています。検索数・反応数・コール数など、これらの数字はマーケティング施策ごとの反響の指標としても利用しています。


▲導入前の2021年9月と比較すると、検索数・反応数ともに大幅に増加した。

作業面に関しては、以前はGoogleビジネスプロフィールの登録まではしていましたが、その後の更新は気付いた人が対応するというレベルでしたので、定休日・営業日の更新などはできていないことがありました。今は即日で対応してもらえるので、工数をかけることなく、情報が更新されるのを待つ時間やタイムラグもなくなり、正確な情報発信ができるようになりました

▶▶▶今後への期待・メッセージ

『ライクルGMB』の機能はこれ以上欲しいものがないくらい満足

今後、『ライクル GMB』にどういったことを期待されているか、率直にお聞かせください。

大橋氏:『ライクル GMB』の営業担当者やCS担当者の対応にも満足していますが、可能であれば、買取業界のGoogleビジネスプロフィール情報やトピックス、提案サポートをいただけたらありがたいです。

最後に、御社と同じような課題を持つ他企業様に向けて、メッセージをお願いいたします。

大橋氏:店舗や施設が増えれば増えるほど、業務は煩雑になっていきます。来店いただくチャンスがあったのに情報の漏れが原因でその機会を逃すのは一番あってはいけないことだと思っています。お客様サービスの最大化に向けてIT化を導入するにあたり、複数社で比較した中で『ライクル GMB』の機能にはこれ以上欲しいものがないくらい満足しています。弊社は『ライクル GMB』を導入して、業務が簡潔になり業務効率化も実現できましたので、同じように複数の店舗を展開している企業様には思い切って導入していただくと良いと思います。

さいごに

今回は、モノ・ループ社の大橋様にお話を伺いました。

モノ・ループ社の顧客層である50歳以上の方々には新聞広告やチラシ折り込みでの集客が効果的であるという現状でありながら、将来を見据えたWebマーケティングで若い世代を取り込み、着実に成果を挙げられています。

現在の『ライクル GMB』の機能にご満足いただけているという大変嬉しいお言葉をいただきましたが、いただいたお言葉に甘んじることなく潜在的な課題にも対応できるように新たな視点で機能開発を進めてまいります。

この度は、貴重なお時間をありがとうございました!


【企業情報】

 ■モノ・ループ株式会社

 2012年設立。愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と富山県で買取専門店事業を展開する。

 コーポレートサイト:https://monoloop.jp/


Google ビジネスプロフィールの一元管理が実現
正確な店舗の情報をGoogle マップや検索画面に表示させ、集客まで支援します